青年部会会長ご挨拶

ふるさとを“衛(まもる)” 使命感と志、平安の都から!

現在、日本国民は世界中の政治や経済の中で活躍しています。しかし、同時にテロや周辺国に関わる不安や緊張感が高まってきています。今こそ、私達自身が使命感をもって日本国民として国を“衛”必要があります。武器を持つのではなく念(こころ)に防衛意識を常に持つ事で国を“衛”のです。

平和と安全を願い、ふるさと京都から志高く我々が「国防」を互いに語り合い、“絆”を深め理解すると同時に、災害や救援活動で活躍する側面だけでなく、日本国においてなくてはならぬ存在である自衛隊の本来業務「国防」を理解し、防衛意識を我々の言葉で発信することで、府民の防衛意識の高揚につながると確信いたします。

使命感を持ち、子供たちの明るい未来の為に志高く活動しようではありませんか!!

■活動の重点

★広報総務

歴史を知り先輩諸兄の思いを踏まえた中で、有効な広報活動により私達の現在を発信する。また、財政面ではより健全な運営を目指す。

★研修

様々な見学・研修を実施するなかで地方協力本部を窓口とする自衛隊の皆さんとの大切な接点業務を含む側面を担う。

★絆塾

青年部会の内部研修としての絆塾。私たち自身が我が国の安全保障について、自衛隊についてもっとよく知ると共に、会員相互の交流も図る。

★防衛シンポジウム

当会のメイン事業である防衛シンポジウム。府民への啓蒙活動としてはもちろん全国の青年部会の仲間達の参加を毎年頂いていることも充分意識して更に充実したものにする。

★近畿ブロック・全国との連携

近畿ブロック防衛協会青年部会連絡協議会および全国防衛協会青年部会連絡協議会との連携や交流・協力の中で京都の存在感を高めることと同時に、活動の参考になることはどんどん持ち帰る。

京都府防衛協会青年部会 会長

大川 猛